Make your own free website on Tripod.com
比例代表区(その2)    前頁に戻る    次頁へ     選挙区へ

画像をクリックすれば拡大表示されます Last updated at 2004.02.05
 
 
文化・芸術大国とは、低級ギャグを飛ばし、朝令暮改すること木庭健太郎候補(その1、公明 ※とどさん提供) 私は池田大作先生の忠犬でございます、ということか木庭健太郎候補(その2、公明 ※とどさん提供) ライフ創業者、日本スーパーマーケット協会など会長。韓国人説を流布されたことあり清水信次候補(小沢派自由 ※アダチヤさん提供)
小泉の『改革』連呼の前に総てが吹っ飛ぶ。ヒットラー登場時と全く同じ共産党のスローガン集も、滅び行く日本の原風景となりつつあるのか? 日本歯科医師会長。あなたのお口も爽やかに中原爽候補(自民 ※すぎやまさん提供) 衆院から転進高見裕一候補(民主)
「投票用紙には『まきこ』と書いて下さい!」。 この恥知らずが末広真季子候補(自民 ※酔いどれ会社員さん提供) ♪ まきこ、まきこ、末広真季子。田中の真紀子と 同んなじ まきこ。まきこ、まきこ、末広真季子。選挙に行くなら 末広真季子。ヒロスエに負けじと狂乱するスエヒロ号(※アダチヤさん提供) 大仁田と同じ勢いで出たものの、自分が「イヂメられやすい体質」だということに気付かぬまま 公約違反はしてません!( pdf 214KB)
余りに素晴し過ぎて閉鎖されてしまった末広候補の公式HPの一部は、ここからご覧頂けます
ゼンセン同盟。「ダラ幹と 縁の切れない 民主党」柳沢光美候補(民主 ※アダチヤさん提供) 革新系のポスターは、病院か郵便局の周辺で探せ田英夫候補(社民) 自民県議2期→新生党から衆院当選→新進党→再選ならず→下関市長選にも敗退→政治生命を賭け国政復帰に挑む古賀敬章候補(小沢派自由 ※とどさん提供)
このポスターも様式が決まったもの松竹信幸候補(共 ※とどさん提供) クソ暑い夏に、暑苦しいポスター(極右・日本遺族会副会長とは、どこにも書いていない)尾辻秀久候補(自民 ※とどさん提供) かつて参院選に立候補された方もおられるようで納涼特別企画(2): 凶悪指名手配犯の皆さん
本来ならスポーツ平和党からでしょうねぇ島影せい子候補(民主) 四国の有名お騒がせ助教授(学内で公然と宗教・政治活動)福本潤一候補(公 ※とどさん提供) 『改革』と口に出したら、野党の政策を取り込んで無力化しようとする政権党の思う壺だ民主党のポスター(その2)
えろうベッピンに撮れてまんなぁ村木弥生候補(民主) 二院クラブから「変節漢!」との罵声が佐藤道夫候補(民主) 「聖子さん、お小水下さいよ」は名言。鬼澤への男の嫉妬だけで出馬← の佐藤さんと同じ政党の公認とは到底思えぬ須藤甚一郎候補(民主 ※よこしまさん提供)
ユダヤ商法と「スマイル¥0」のマクドナルド出身(=竹中平蔵推薦枠)、自民党もオネーチャン路線へ有村治子候補(自民) 一方、元職のオバサン。しかも崩壊寸前の江・亀派小野清子候補(自民) 運ちゃんがガン飛ばしてる。恐ゎぁ〜鬼澤慶一候補の選挙カー(保守 ※アダチヤさん提供)
元郵政省、橋本派。「小泉粉砕!」の期待を一身に高祖憲治候補(自民、公選法違反で空前の検挙数に達しつつあり) アナで顔を売り→政界進出という流れも、もう必勝パターンじゃない。未成年バイトをウグイス嬢に使い逮捕岡村光芳候補(自由 ※とどさん提供) 元アナウンサー、ここでも苦戦竹村泰子候補(民主 ※とどさん提供)
派閥親分の堀内は選手時代のパトロンでもあった富士急の2代目社長橋本聖子候補(自民 ◎議員の産休は憲法上大問題、つまり当選後は有権者の国政参加権がどうなろうが知ったこっちゃないということ。感情的フェミニズムはこの種の愚行を拡大して行くだろう ※よこしまさん提供) 『扇の要』も当落線上で党存亡の危機。そこへ無党派が旗印だったはずの堂本暁子が友情応援(=成田空港拡張目的)扇千景候補(保守 ※よこしまさん提供) MAXで〜す。覚えてないでしょうけど、元々は安室奈美恵withスーパーモンキーズでしたおまけ:倒産が社会問題化したエステ・デ・ミロ〜ド本社
黒地に金文字。ダイヤモンド映像のAVか、お前は プミポン国王の肖像を掲げるタイ人ボクサー 名古屋市長選に落ちた牧野剛(=河合塾)とは格が違うんだ 酒場で売り付けられ、すっかり忘れた頃にカバンの底から出てくる無名演歌歌手のCDの如し 佐藤忠志候補の独演会(自民 ※よこしまさん、アダチヤさん提供)
※他の候補のポスター、チラシ、街頭演説等の情報がございましたら、是非ご教示下さい。宜しくご協力のほどお願い致します。→ ご連絡はこちらまで ※当頁は特定の候補、政党を支援するものではなく、低俗なワイドショー主導の保守翼賛選挙が激しさを増す状況下において、マスコミでの扱いが余りに少なく、掲示の絶対量も少なく、日の当らぬ状態に置かれているため、目にする機会の少ない非有力候補のポスターなどをそのまま撮影、掲示したものです。